草野心平の紹介
1903年生−1988年没
明治36年(1903)5月12日、上小川村(現小川町)の草野家の二男として生まれました。草野心平は、「第百階級」という蛙の詩だけを集めた本が処女詩集であり、また、一連の蛙に関する詩により第一回読売文学賞を受賞するなどまさに「蛙の詩人」と呼ばれるにふさわしい詩人である。
 この「第百階級」には、あの高村光太郎が序文を書いているが、そのなかで、草野心平を、『彼は蛙でもある。蛙は彼でもある。しかし又そのどちらでもない。それになり切る程通俗ではない。又なり切らない程疎懶ではない。真実はもっとはなれたところに炯々として立っている。』
蛙の歌
 かえるのうたのけいこ
       くさの しんぺい

さあ これからうたのけいこだ。
こえのいいぐりまはたってそういった。
〈ぎゃわッ〉〈ぎゃわろッ〉
そう そう。
〈ぎゃわろろろろりッ〉〈ぎゃわろろろろりッ〉
そう そう。
ぎゃわろッ ぎゃわろッ 
ぎゃわろろろろりッ そらにはまんげつ。
まんげつのまわりにはおおきなかさ
さあ みんないっしょに げんきにうたおう。
いち にい さあん。
ぎゃわろッぎゃわろッぎゃわろろろろり 
ぎゃわろッぎゃわろッぎゃわろろろろり 
ぎゃわろッぎゃわろッぎゃわろろろろり
蛙のお宿に戻る